キッズデンタルパークに行ってきました!

多摩センターのダイソー隣にあり、今年4月にオープンしたばかりの小児歯科です。内覧会に参加した様子を以前書いてるので、そちらもご参考ください。

今回、2歳8ヶ月の子を連れていってきました。ついたらすぐに保育士さんが出迎えてくださり、早速こどもと遊んでくれました。その間に問診や治療の手順等の説明を受けました。自分が子どものころ歯医者は苦手なところだったし、痛いところという嫌な記憶があったが、内覧会に行った時のこどものはしゃぎっぷり!!今回、来院した日もご機嫌でした。やはり子ども向けのデザインの作りだからか、「歯医者さんに行くよ」と言ったらとても楽しみにしていました。

今回はキッズデンタルパークのスターターパックを申込ました。第一回目は、簡単な問診と子どもの顔写真(ママの顔も撮ります)。そして歯の写真『アーとイーの口で』パシャリ。次にお口の中をチェック。歯の隙間をカリカリするような器具や小さな鏡を使って。衛生士さん歯科医師さんとでみてもらったので、2回のチェックでした。

診療の流れは以上です。子どもの様子はというと、写真を撮られる時は遊んでもらったり気分をのせてもらったお陰ですんなり撮影ができました。ただ、いつもは撮影が1番大変らしいです。口を大きく開けてもらうための器具を口に入れて軽く頬を左右にひっばっるからか、ギャン泣きの子が多いとか。なので保育士さん1人に衛生士さん?2人の3人体制をとっているそうです。うちは撮影はなぜかすんなり出来たものの、次にまた診察台に寝て口の中をチェックしようとしたら、遅れて不安がだんだん出てきたのかメソメソと泣き始めたした。なんやかんやとあやして、無事にやり終えましたが。。

痛いことは1つもしてませんが、やっぱり知らない大人に囲まれ口の中を見られるのは不安だったみたいです。2歳8ヶ月なので言っていることをかなり理解してくれる齢ではあるので、家でもう少し歯医者さんごっこでもしてもっと慣らしてから来ればよかったかなと思いました。何されるか予想出来ないのがやはり怖いのかと。

もしこれから行かれるなら、お子さんに事前の語りかけを充分にしてから行かれると泣きはしても、何もしないで行くよりはスムーズになるのかなと思います。

次は唾液検査です。こどもとママも一緒に受けます(未就園児のママのみ)

次回はもっと上手く行くよう練習して挑みたいと思います!笑

たまこ部A
多摩へは2014年〜現在。2児の母。たまこ部の中で唯一完全専業主婦。最近は牛乳パックを集めていつか何かつくってやろうと考案中。場所取るので、旦那には不評です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告