パルテノン多摩の上の池で水遊びができます(8月末まで)

梅雨よりも梅雨じみた天気が続いていますね。
せっかくの夏休みなのに!と嘆いていらっしゃるご家庭も多いのではないでしょうか。

この天気のなかでご紹介するのも微妙かもしれませんが、ただいま、パルテノン多摩階段の上にあるお馴染みの池が、水遊び用に整備されているのをご存知ですか?
8/5~8/31の9~17時という期間限定です。
水遊びスペースとして、池の階段側が仕切られ、マットが敷いてあります。
水かさは小さい子の膝下くらい。
塩素のにおいからして、水質もプール的な管理をされている様子(憶測)。

先日、我が子も遊ばせてみたところ、大喜び!
帰りたい時間になり、引き離そうとすると号泣して大変でしたが…。
ちなみに、少し大きなちびっこは、ばっちり水着着用の子も多かったです。我が子は日よけ用に長袖Tシャツと水遊び用オムツで

また、気になる点がいくつかあったので、次回は持っていこうと思っている物を書いてみたいと思います。

◆捨てる予定の長ズボン
⇒水中でハイハイした我が子の膝に、黒い汚れがついたのですが、数日はお風呂で洗っても落ちませんでした。弱そうな肌をあんまり強くゴシゴシしたくないし…。次は膝までカバーするズボンを履かせたい。
◆子どもの水遊び用の靴かサンダル
※8/15追記:利用規則として素足限定のようです、ごめんなさい。
⇒マットが敷いてあるのですが、微妙に浮いていて、子どもが載ると完全に床に密着するような感じ。微妙な浮きの床との隙間に、子どもの手足の指が挟まりそうでちょっと怖い。靴を履かせていれば多少は安心できるかなと。
◆親のビーチサンダル
※8/15追記:上記同様、サンダルNGのようです
⇒2歳のわが子の場合、ある程度は一緒に入って付き添うのが必須でした。が、裸足で入るのはちょっと抵抗があるので…。
◆レジャーシート
⇒水中まで付き添わない保護者が、少し離れた場所で見守るときにあると便利です。↓の写真にも写っていますが、パルテノン階段と池の間の四角い屋根の下は日陰になっており、そこにレジャーシートを敷いて見守っている方が多かったです。

そういえば、会場ではこの試みに関するアンケートも設置されていました。
ぜひ毎年の定番になってほしいという願いをこめて回答してきました~

たまこ部 N
2015年に出産した30代。一人っ子を認可保育所に預け、多摩センターから千代田区に通勤中。仕事好き。大学進学を機に地方から多摩センターに来て、就職して都内に出たけど戻ってきました。「通勤大変でしょ」と言われるけど、仕事も暮らす場所も、理想通りを選びたい! よりご近所への転職も検討中。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告