ごみの捨て方どうしてる?エコ派?時短派?節約派?

多摩市に住む前はごみの分別が緩いとある区に住んでいた為、多摩市に来てからもしばらくは何となくユル〜くなんでも燃やせるゴミに捨てていました。
明らかにかさばる大き目なプラスチックだけはプラゴミの袋へ分別し、発泡トレーと牛乳パックはスーパーや生協の回収ボックスへ。
その他は全部燃えるゴミ!

そんなある日、分別に厳しい地域に住んでいる(そして昔から環境思いでエコ派)母が遊びに来た時に、こんな分別でいいの⁈
と驚く場面がありました。

発泡トレーと牛乳パックの回収に協力しているだけで、かなりやってる気持ちになっていた私は逆に驚きましたが、その時に色々とゴミのネタで母と盛り上がりました。

そしてそれ以来、今度は私が夫にも口うるさく言ってしまう程に、分別するようになりました。

その時の気付きをいくつかご紹介したいと思います。
ちょっとでもどなたかの参考になったら嬉しいです。

そんなのも知らなかったの⁈すでにやってるよ!そんな考えでいいのか!というような様々なご意見もあるかと思いますが、敢えて書いちゃいます。(個人ブログの域ですからね!)

間違ってる部分や自治体によって異なる部分があるかもしれませんがご了承を。
 

その1
プラスチックは分別すると安く回収してもらえる

同じ20lサイズのゴミ袋の場合、プラスチックの袋は1枚10円、燃やせるゴミの袋は30円。3倍違います。
めんどくさくて一緒でいいやーと思う事もありましたが、この価格差に気がついてからは出来る限り分別しています。
チリツモですが、3倍ですからね。

その2
袋in袋はNG!プラスチックごみの入れ方。知らなかったんです私。
かつての私のやり方、こうです。
スーパーの小さめのポリ袋に一旦集めて圧縮しながら縛る。それをプラスチック用のゴミ袋へ入れる。こうすると圧縮された小さな袋が3袋くらい入るのでいっぱい入っていいなと。
でもね、ダメだったんです。
袋が2重になっている状態、これがダメらしいです。
回収したプラスチック袋を機械で破りバラバラにしていく過程で、2重の袋はなかなか破れない為、開封作業に人の手が入らなければならないそうです。
私の何気ない袋in袋が、ごみ処理の人件費に負担をかけていたなんて、、がーん!
気がついて以来、キッチンにプラスチック用のゴミ袋をぶら下げて直接投入しています。

その3
紙は資源(無料回収)なんです。
わかっているようでわかっていなかった。
衝撃だったのは、アマゾンで荷物と一緒に届いた緩衝材の紙!
クシャクシャに丸めてあるのでどうしようもないと思って普通に燃やせるゴミにしていました。
が、シワを伸ばしてまとめると立派な紙!むしろ無地なのでお絵描きに使えちゃうくらいな笑
アマゾンが一回届くと緩衝材でゴミ袋いっぱいだったものが、伸ばしてまとめたら紙資源として無料で回収されちゃう。
結構衝撃でした。
プラスチックの袋に入った郵便物や包装紙。お菓子やティッシュの箱。トイレットペーパーの芯だってやる気になれば紙資源。
それに気がついてから、相当ゴミが減りました。
ゴミってプラスチックと紙を除くと、かなりかなり減りますよ!

ちなみにアマゾンの梱包にはパターンがあって、①プラスチックの袋に空気が入っている  
②紙をクシャクシャにしたものが丸めて入っている
③ダンボールにシュリンクフィルムで固定してある
大体この3パターンかなと思います。
実はぜーんぶ資源&プラで出せちゃうんですね!

その4
小型家電は要チェック!
知らないと燃えないゴミで出しがちな小型家電。
意外と出せる範囲が広い気がします。
「多摩市」と書いた紙を貼り出すだけ。
一度、目を通しておくと良いですよ♪

  
 

その5
金属類、壊れた傘も無料回収♪

 
金属って燃えないゴミと思っていました。立派な資源だったとは。。わかっているようでわかっていなかった。
知らずに燃えないゴミで出さないでくださいね!
傘も「多摩市」と書いた紙を貼って出すと回収されます。
 
 
賢くエコに、ちゃっかりお得に、子ども達の未来の為にも、できる事はやらないといけないなと思う今日この頃でした。

そうだ!おまけですが。豆乳などの内側がアルミになっている容器(牛乳パックみたいなやつ)は千歳屋だと回収してくれます。
回収してくれる所とそうでない所の差はなんなんだろう、、、

これもかさばる部類なので、別にするか否かで燃やせるゴミの量が結構変わってきます。
 
みなさん、多摩市が出しているゴミの出し方の冊子、一度目を通すとなかなか発見があって面白いですよ。
 
たまこ部 H
2014年に多摩市に移り住み、同年に第一子の男の子を出産、現在2児の母。 お得な情報大好き!フットワーク軽く、興味を惹かれたらどこにでも行きます☆ おだし講座や、ラテアート体験教室などの講師としても時々活動。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告