こどもと一緒に生きもの観察

多摩センター周辺で、こどもと一緒に

いきもの観察が気軽にできるおすすめスポットは

鶴牧西公園です!

この公園では、おたまじゃくし、カエル、ザリガニ、カニなど

水辺のいきものたちも観察できます。

おたまじゃくし、カエルは池で観察できます。

ただ最近は、池ではなく写真の排水溝のところにいます。

4月あたりは池のところにいたのですが、

今はなぜかここに集まっています。

水辺のいきものから逸れますが

その周辺の草むらにテントウムシの幼虫や蛹(サナギ)もたくさんいます。

写真の右、オレンジ色の丸いのがテントウムシの蛹。

左下の黒いのが幼虫。

今回見つけたのは、おそらくナミテントウ!

テントウムシの蛹は観察におすすめです!!

餌もいらないし動かない!!

一週間以内にはテントウムシに羽化してくれます。

幼虫からだと餌にアブラムシがたくさん必要なので大変かと。。

(母的にNG)

普通の虫カゴだとアブラムシ脱走しちゃうし。笑

池の脇の道をくだると小川みたいなつくりの川?があります。

ここに、ザリガニやカニなどがいます。

よくよく目を凝らさないと

なかなか見つけられないですがけっこういます。

※ザリガニ釣りをメインでやるなら
八王子市の長池公園のせせらぎ緑道がおすすめ

川の周辺には、田んぼもあります(今年は田植えはないのかな?)

その他に、果樹園(鶴牧西公園果樹の谷)があります。

さくらんぼ、キウイ、ブルーベリー、金柑、柿など

約50種類が栽培されています。

いろいろなエリアに別れていて

それぞれにいきものがいるので

観察にはもってこいの公園だと思います。

この時期は、バッタやカマキリやダンゴムシの赤ちゃんも

見つけやすいのでぜひ探してみてください。

たまこ部A
2014年に多摩へ。専業主婦で5歳児と3歳児の母。 最近はこどもと多摩の緑のおかげで虫採りがうまくなりました。 ぶらぶら散歩と最近は筋トレが趣味のインドア派。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告