「キッズライン」のベビーシッターでフルタイム復帰

Sちゃんの投稿にもありましたが、9日の保育園座談会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

皆様の真剣な様子を見て、自分のときの不安や焦りがふつふつと蘇り、気持ちが熱くなりました。
全員、無事に決まりますように!!!

自己紹介でちらっと、ベビーシッターを使っていることに触れたところ、意外と反応がありました。
「その手もあると知って、気持ちがラクになった」という声も。

ベビーシッターと言っても、私が使っているのは「キッズライン」というサービス。アプリやWebで、ベビーシッターを検索でき、依頼から事後報告、支払いなどを仲介するシステムが軸。
創業者は、楽天でバリバリ活躍した後、起業して女性では最年少で上場を果たした社長として、ネット業界では有名。
ということで、私の中では、IT系のイメージが色濃いサービスです。
主な特徴はこんな感じ。
・細かく条件検索をして、希望に合うシッターさんを選べる
・一般的なベビーシッター派遣会社よりもリーズナブル
・アプリ、Webサイト上で手続きを完結できる
・ベビーシッターさんは全員、運営会社による面談済み
・損害保険付き

利便性については、自分のエリアにどれだけシッターさんの登録があるのか、という点が直結しています。
やっぱり、多摩市周辺は多いほうではなさそうですが、定期的に検索して見ていると、順調に増えているようです。

私は今月から時短をやめてフルタイム復帰したので、週2程度の残業時に利用しています。
シッターさんには18時半頃に保育園へお迎えに行ってもらい、20時半頃まで、自宅でご飯とお風呂まで済ませてもらいます。
ファミサポもありがたいのですが、自宅で見てもらえるほうが、子どもにも自分にも負担が少ないのかなということもあり。

とはいえ「ベビーシッター」と言うと、若干引かれるという現実。
わざわざそこまでする!?みたいな。
しかも私はハイスペックでも、特殊な職種でもない、普通の会社員。
ですが、だからこそ、30代にどれだけやれるかが、その後の長いキャリア(ひいては税収にもつながる)に大きく影響するんだろうなと思います。
なおかつ個人的には、子どもが多くの人と関わることにポジティブな考えを持っています。

そんなこんなの葛藤を経て、自分の中では決着がついても、やっぱり他人には言いづらい。保育園に話すにも、かなり勇気がいりました。

そして実体験してみて・・・ものすごーーーく助かってます。
仕事だけするってこんなに身軽だっけ?という衝撃(⇔両立の大変さが改めて浮き彫りに)。
会社でも、フルタイム宣言してから、充実度や今後の展望など、良い方に変わった実感があります。

ベビーシッターでも、一時保育でも、ファミサポでも、以前ご紹介した子育てシェアでもなんでもいいけれど、他人に育児を支えてもらうことへの心理的・経済的ハードルがもっと下がって、当たり前になればいいのに!!と強く思います。
働いているママのサポートにはもちろん、一日中子どもと一緒のママ(精神的にはこっちのほうが大変という調査もある)にだって需要があるはず。

ちなみにご近所だと、調布市はベビーシッター補助が半額あったりと手厚いです。

我ながら、働きたいなら都心に住めば早いのでは?とも思います。
でも、多摩センターではどうすればいいのか?をまだまだ考えたい。

過去の記事で、子育てシェアに興味がある方を募集した件、放置していて申し訳ございません・・・目標人数には到達しておらず、説明会はできないのですが、ご連絡をいただいている何名かの方同士で集まって、情報交換会をしたいなと思っています。
引き続き、そちらのフォームから、ご参加希望の方を募集中です!

たまこ部 N
2015年に出産した30代。一人っ子を認可保育所に預け、多摩センターから千代田区に通勤中。仕事好き。大学進学を機に地方から多摩センターに来て、就職して都内に出たけど戻ってきました。「通勤大変でしょ」と言われるけど、仕事も暮らす場所も、理想通りを選びたい! よりご近所への転職も検討中。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告